青春ボクシングストーリー「KATSU!」あらすじと結末




概要

『KATSU!』は、あだち充による日本の漫画作品。同作者の作品でボクシングが登場する作品は『タッチ』、『スローステップ』などがあるが、主軸のスポーツにボクシングを据えた作品は本作が初である。

created by Rinker
¥528 (2024/05/22 01:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

里山活樹と川上京太はふとしたことから、同じクラスの美女・水谷香月が大変なボクシングのテクニックを持っていることを知る。そして、彼女の父がボクシングジムを経営していることも知った。二人は香月に近づきたい一心で、ジムに入会。ところが香月の母は、ギャンブルに溺れ、酒を飲んでは暴れる夫に愛想を尽かし、2年前に離婚していて、父親と香月は、今は一緒に住んでいない。しかも香月は大の

ボクシング嫌いだった・・・

ラスト

内田 仁は4戦連続KO勝利するなどボクシング界期待の星だったのだが、犯罪ギリギリの手口で岬の父親を騙した父・権造を殴り、全治3ヶ月の重傷を負わせて逮捕される。

一方、岬 新一はプロボクサーになるつもりでいたのだが、内田の父親のせいで倒産寸前となった父親の会社を救うため、1億円の契約金を目的にプロ野球選手になることを決断し最後に里山 活樹に試合を申し込み、結果敗れる。

里山 活樹は公式戦無敗で高校五冠を果たす(スパーリングでは水谷香月に1敗、階級は異なるも二階堂周作に1敗している)。大学受験に失敗するも、浪人中にライセンスを取得しプロボクサーとなる。

f:id:lastseen1013:20131022215130j:plain