「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」 その後。。。




「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」のラスト

50万周期にわたり大宇宙で抗争を続ける巨人族の二大勢力、男のゼントラーディと女のメルトランディ。西暦2009年、その戦火は地球にも及び、ゼントラーディ艦隊の奇襲を受けた地球統合軍の巨大宇宙戦艦マクロスはフォールド(超空間跳躍)による脱出を試みるも、動力不調から太陽系外周部へ飛び出すこととなる。地球を離れる際に避難した5万8千人の民間人は、広大な艦内に市街地を建設して生活を営み始める。地球への自力帰還をめざす航海の5か月目、土星の衛星タイタン宙域から物語は始まる。

地球に帰還したマクロス艦内で、輝と未沙はミンメイと再会を果たす。輝への愛を自覚していたミンメイは、生き別れになっていた間に結ばれた輝と未沙にショックを受け、ふたりの前から行方をくらます。おりしも、メルトランディのモルク・ラプラミズ司令もプロトカルチャーの文化を得んと、大艦隊を率いて地球周辺宙域に出現。ボドルザーは歌が未完成なことを知ると、休戦協定を破り、マクロスとメルトランディへの総攻撃を指示する。ゼントラーディ対メルトランディの艦隊決戦の火ぶたが切られ、ボドルザー旗艦から放たれた主砲の直撃でラプラミズは消滅する。

輝はミンメイを見つけ出し、未沙がメモリープレートから解読した歌詞を歌ってほしいと頼む。ミンメイは失恋に傷つきながらも、歌手としての誇りを胸に歌詞を受けとり、マクロス艦橋に用意されたステージに立つ。ミンメイが歌う『愛・おぼえていますか』が戦場に響き渡ると、男と女の巨人たちは秘めたるカールチューン(文化因子)を呼び起こされ、混乱に陥る。そして「ボドルザーを倒し、再び文化を取り戻すのだ」というブリタイの呼びかけに団結する。マクロスは両軍の援護を受けながらボドルザー旗艦内部へ侵入。輝はバルキリーを駆って旗艦中枢へ単機突入し、ボドルザーにとどめを刺す。「大昔に流行した当たり前のラブソング」が時空を超えて平和をもたらし、ミンメイと未沙は互いに顔を見合わせ笑顔を交わす。

超時空要塞マクロス Flash Back 2012


『超時空要塞マクロス Flash Back 2012』(ちょうじくうようさいマクロス フラッシュバック 2012)は、1987年6月21日に発売された日本のOVA作品。収録時間30分。

内容に明確な筋立てはなく、戦争、恋愛、別れなどをへて、未来へと飛び立つ人々の希望が表現されている。リン・ミンメイは地球でのさよならサマーコンサートツアーを終え、過去や未来のイメージが交錯(フラッシュバック)するなか、メガロード-01艦長早瀬未沙、航空隊長一条輝らとともにはるかな宇宙航海へと旅立つ。

登場人物のその後

一条輝

f:id:lastseen1013:20131022000828j:plain

月面アポロ基地の太陽系パトロール隊、次期可変戦闘機VF-X-4の開発チームのテストパイロットを経て大尉に昇進、治安維持パトロール隊隊長に着任。2012年、早瀬未沙と結婚し長女一条未来(みく)をもうける。メガロード級移民船1番艦 SDF-2 メガロード-01の航空隊長として新鋭機VF-4を駆り、第1次超長距離移民船団の護衛任務につくが、2016年、銀河系中心部でメガロード-01艦隊ともども、謎の失踪を遂げるも一般には非公表となる。
第一次星間大戦のエピソードは映画『愛・おぼえていますか』やドラマ『リン・ミンメイ物語』『トライアングラー』などにより後世に語り継がれ、リン・ミンメイとともに『マクロス7』や『マクロスF』の時代にも名前の知られた有名人となっている。

早瀬 未沙

f:id:lastseen1013:20131022001410j:plain

一条輝と結婚し一条未沙に改姓、長女・未来(みく)を出産する。2012年、メガロード級移民船1番艦メガロード-01艦長に就任し、航空隊長でもある夫・輝や歌手・リン・ミンメイらとともに外宇宙へ旅立つ。2016年、銀河系中心部でメガロード-01の乗員とともに謎の失踪を遂げるも一般には公表されず。

リン・ミンメイ

f:id:lastseen1013:20131022001719j:plain

『マクロス7』終了後に発表された作品世界の年表では、2016年、メガロード-01が銀河系中心部で消息を絶ったと設定されている。『Flash Back 2012』ではミンメイがメガロード-01に乗艦したかどうかは明確にされておらず、年表公開当時の記事でも、ミンメイは2012年に引退し生涯独身だったとする記述が存在したが、プレイステーション用ゲーム『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の特典「リン・ミンメイのさよならメッセージカード」には、メガロード-01に乗艦したミンメイからのメッセージとして、2016年7月7日付けで、メガロードは ダークホールから聞こえる謎の歌声を追って、未知の宇宙へと旅立つとする旨が記されている。なお、この情報は新統合政府が非公開にしたため、公にはメガロード-01は宇宙を航行中と信じられている。

その後、2031年公開の映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』が大ヒットし、ミンメイブームが再燃。主題歌「愛・おぼえていますか」を含む往年のヒットナンバーも愛唱歌(懐メロ)として定着する。ミンメイは宇宙大戦を終結に導いた伝説の歌姫として歴史に名を残し、「マクロスシリーズ」の作品にたびたびその名が登場することになる。

マクシミリアン・ジーナス


戦後の2011年3月、初の星間混血児である長女コミリア・マリアを授かる。ミリアとともにパトロール部隊で活動し、ゼントラーディ工場衛星奪取作戦では、コミリアを連れて親子3人で出撃する。
ミリアとの間に7人の娘をもうけるが、そのうちの末娘が『マクロス7』に登場するバンド「Fire Bomber」(のちの「サウンドフォース」)のメンバーにして同作のヒロインに当たる、ミレーヌ・フレア・ジーナスである。

2038年、第37次超長距離移民船団マクロス7船団長兼、超大型可変万能ステルス宇宙攻撃空母バトル7艦長に就任する。副長としてミリア、オブザーバーとしてかつてゼントラーディ軍で記録参謀を務めたエキセドル・フォルモが同乗し、ミリアはのちに都市艦シティ7の市長に就任する。

出航から7年後の2045年、マクロス7船団は謎の敵勢力「バロータ軍」の襲撃を受ける。この時点ですでに50歳で老境に差しかかっているが、青年期とほぼ同様の若々しい容姿を保っており、ブリッジに勤務する女性たちの憧れの的となっている。仕事のほか、冷め切った夫婦仲やミレーヌの将来に頭を痛める日々が続く。一方、バロータ軍およびそれを率いる地球外生命体「プロトデビルン」との戦いでは、未知の目的による行動や超常的な攻撃に翻弄されながらも天才的な勘にもとづく指揮や、ときに危険をともなう賭けによって数々の危機を乗り越えてゆく。

天才パイロットとうたわれた往年の腕は健在で、2046年2月にはみずから立案・指揮する対プロトデビルン奇襲突撃作戦「オペレーション・スターゲイザー」で青いVF-22Sを駆り、同作戦の切り札となる。じつは新型機の採用が決定するたびに自分の専用機を確保しており、つねに前線復帰に備えていたという。同月の対プロトデビルン最終戦では、バトル7を撃沈されながらもふたたびVF-22Sで出撃し、赤いVF-22Sに乗ったミリアと共闘する。